「アマデウス」(1984年アメリカ)

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

【ジャンル】アーティスト・音楽・ヒューマンドラマ・サスペンス・恋愛・家族ドラマ
【監督】ミロス・フォアマン
【脚本・原作】ピーター・シェイファー
【音楽】ジョン・ストラウス
【出演】トム・ハルス、マーレイ・エイブラハム、エリザベス・ベリッジ、サイモン・カロウ、ジェフリー・ジョーンズ、クリスティン・エバーソール、ケニー・ベイカー、サイモン・キャロウ

1984年アカデミー賞とゴールデングローブ賞、その他の作品賞を総なめにした、永遠に残るであろう大作です。
映像の美しさ、モーツァルトの音楽の素晴らしさ、モーツァルトの人間像を見事に描いていること。
それだけでも、絶対に観る価値のある映画です。


アマデウス・モーツァルトを演じたトム・ハルスのチャーミングな魅力にノックダウンされました。
私の中での「モーツァルト」の顔は、もう彼以外になくなりました。


主演男優賞を取ったマーレイ・エイブラハムの迫真の演技、男から男に対する嫉妬と憧れと執着の表現も、
何度観ても飽きないです。
このシーンは特に強烈。
老いたサリエリが、昔モーツァルトの生楽譜を初めて見せられた時の衝撃を回想するシーン。
「彼は特別、自分はどうしても到達できない神の声を代弁する音楽」という絶望、嫉妬、
あまりに美しい音楽に恍惚呆然。



劇場公開版ではカットされたエピソードがあり、ディレクターズ・カット版には収録されています。
他にも良いシーンがあるので、DVDどちらを観るべき?と聞かれたら、ディレクターズ・カット版がオススメ。



モーツァルトの名曲の数々も、もちろん素晴らしいです。
特に「レクイエム」は、この映画の音楽を担当したサー・ネヴィル・マリナーの指揮によるものが私は一番好き。


【サウンドトラック】





DVD、劇場公開版は短く(それでも160分ほど)まとめられています。
最初に観る「アマデウス」としては、悪くはありません。
 
【劇場公開版DVD】



でも、さきほども書いたように、ディレクターズ・カット版にしかないシーンやエピソードは捨てがたい。
劇場公開版よりも20分も長い180分です。

監督ミロシュ・フォアマンと脚本のピーター・シェイファー、音楽担当のネヴィル・マリナーの鼎談解説が
特典音声として付いているのも面白いです。
映画全編を解説を聞きながら(日本語字幕あり)観るのは、また違った楽しみ方になります。
私がおすすめするのは、断然、ディレクターズ・カット版です!

【ディレクターズ・カット版(ブルーレイ)】











関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
126位
アクセスランキングを見る>>
広告


プロフィール

chi-yu

Author:chi-yu
ご訪問ありがとうございます。
感動した映画のレビューを書いています。

ブロともさん、相互リンクさん、募集中!
映画ブログでなくても歓迎です。

よろしければ
フォローお願いします ↓


気になる映画はこちらから探せます!       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


楽天で探す
楽天市場
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ようこそニャー♪
くろねこカウンター
観たい映画は見つかった?こちらから探せます!  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天で探す
楽天市場