「風音(ふうおん )The Crying Wind 」2004年・沖縄~かっこいいオジイに素敵な腕白坊主の魅力から目が離せない!

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!


私は沖縄に縁が深く、沖縄のことをもっと知って理解したいとずっと思っていました。
(沖縄関連については別ブログ「ツアコン~トラベルライターへの道」にて書いています)

この映画も、そんな動機で、珍しく映画館に出向いて観ました。
沖縄が大好きな人は多いと思いますが、そんな人たちにも、そうでもない人たちにも観て欲しい映画です。
良い映画で、国際的な賞も受賞しているのに、あまり知られていないのが惜しいです。


名護市東海岸
2009年6月・名護市東海岸にて



原作は沖縄本島北部出身の芥川賞作家、目取間俊さんの短編小説。目取真氏が脚本も担当しています。
脚本書き下ろしのために新たに書かれた長編小説もあります。
両方を読み映画も観た方のレビューによると、
長編よりもともとの短編が良いと思った、映画の次回作には期待しているとのこと。
目取真俊の原作・シナリオの映画「風音」 - ある旅人の〇〇な日々
このブログ記事のコメント欄にも私の感想を書かせていただきました。

私は、映画のために新しく作られた設定やエピソードは良いと思います。
純文学作品としての完成度はおそらく短編が上なのでしょうが、
「多くの人に伝わりやすい」これはとても大切なこと。

TUTAYA DISCASのレビューによると、
「とても良い映画で子供にも見せたいと思ったが、子供に見せられないショッキングなシーンもあった」
確かに感じやすい年頃の子供には影響が大きすぎるかもしれませんが、
中学生以上なら見てもいいんじゃないかな… R指定映画ではありません。

目取真俊氏は、沖縄の抱える痛み、傷、憂慮を、
日本やアメリカへの批判・抗議以前に沖縄県民自らが考えるべき問題として、
沖縄県民と沖縄を愛する人たちへ向けて、メッセージを送り続けている作家さんです。

風音

風音
著者:目取真俊
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


※2016年5月23日現在、在庫残り2冊です

配給会社シグロのサイトから注文すると特典映像やパンフレットがつく…
ともありますが、もう10年以上前に書かれた内容なので…
いちおう、現在はどうなっているのか、問い合わせをしました。
特典がつくなら、シグロで買おうと思っています(5000円オーバーになりそうですけれど)

※問い合わせた結果、パンフレットがまだ残っていたので今回は付けていただけることになりました。
 送料込みで5,184円でした。
 特典映像については不明ですが… 注文したので、DVDが届いたら、また報告いたします。


名護市東海岸2
2006年10月・名護市東海岸にて


映画「風音」のメインテーマは複雑なものではありますが、
楽しんで観られる作品として出来上がっているので、まずは気楽に観てみてください。

私が最も魅力を感じ、印象に残っているのは、映画に出演している沖縄の人々でした。
素敵すぎて、目が離せませんでした。
本土出身の有名な女優さんであるつみきみほさん、加藤治子さんを除き、すべて沖縄の人が演じています。
しかも、「ちゅらさん」のオバア役として有名な平良とみさん以外、すべてが素人!

予告編はこちらで観られます(SIGLO『風音~The Crying Wind』:日本映画 東陽一監督)

演技がうまいのかどうかなんて関係ない。
それほどの輝きを放つのは、リアル沖縄の不思議というか、すごいところです。

子役はオーディションで選んだそうですが、
「ああ~子供はこんな風に優しい腕白坊主であってほしいなあ…」
「こんな子供時代を送りたかったなあ」
と惚れ惚れするような、素敵な男の子が登場します。

その子のオジイ役であり、重要な役割を演じている上間宗男さんは、
なんとスカウトで選ばれた村の観光局長さん!


※2016年5月23日現在、在庫残り1本です


一般人でありながら、台詞回しや演技も素朴ながら、こんなに魅力的な人間像を表現できるとは…
沖縄の人って、やっぱり素敵だなあ…と、
またしても惚れ惚れしてしまったのでした。
ワイルドでたくましく、でもスマートで優しくて、重みも凄みもある。
かっこいい高齢男性を演じられる日本人俳優さんは限られていると思いますが、
まさか素人がそれをクリアしてしまうなんて…

「何歳になってもいい男でいたい」
と願う男性にも、
「お父さん、もっとしっかりしてよ!」
と願う奥様や娘さんにも、上間さん演じるオジイを観ていただきたいです。

2006年10月恩納村付近
2006年10月・恩納村付近にて


沖縄の美しい自然やほのぼのした人間関係、
神秘的な信仰心、
米軍基地があたりまえのようにある日常、
日本と沖縄の過去と現在、
生きるとはなにか、
どう生きるべきか…
目にも美しく、いろいろなことを考えさせてくれる、味わい深い映画です。

ラストはけっこう衝撃的です。
何が正しいのか、どう生きればいいのか見失って立ち止まっている私たち、
沖縄の言葉で「チルダイ(無気力無関心)」に眠っている意識を揺さぶり起こすような。

でも、「どんなことがあっても生きていくんだ」
そんな勇気と爽快感も感じさせてくれました。
人生に行き詰まりを感じている時、前に進む勇気を与えてくれる映画でもあると思います。


観たのは2004年ですから、もう12年前なのに、これだけ伝えたいことがあるとは…
記憶に埋もれていても、ずっと大切な映画だったのだと実感。
これはDVD持っておくべきだ、と思って、探してみました。


※2016年5月23日現在、在庫残り1本です

【風音The Crying Wind 映画データ】
2004年・配給会社SIGLO
原作・脚本:目取真俊
監督    :東陽一
キャスト  :上間宗男 つみきみほ 加藤治子 光石研 (素敵な子役の男の子の名前、あとで調べて追加します)
j受賞    :第28回モントリオール世界映画祭イノベーション賞
        アジアフォーカス・福岡映画祭2004年正式招待作品
※DVDとパンフレットが届いたら、もっと詳しいデータも追記する予定です

【関連記事】
ひさしぶりに「ちゅらさん」を観ました|ツアコン~トラベルライターへの道

TSUTAYA DISCASではレンタルも可能です。
とりあえず観てみたい方はチェック!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

海が綺麗ですね!邦画自体あまり見ないので、こんな映画があるなんて知りませんでした!熱い思いが伝わってきました。機会があれば見てみようかと思います。

No title

キシマさん、コメントありがとうございます!
いや〜やっぱり映画の話っていいですね。
このブログももっと頻繁に更新したいのですが、忙しくて…

キシマさんみたいな映画大好き・ジャンル問わず幅広く観ている若い方にこの映画を知っていただけて、良かった。
またキシマさんの映画レビューブログお邪魔しますね!

アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
126位
アクセスランキングを見る>>
広告


プロフィール

chi-yu

Author:chi-yu
ご訪問ありがとうございます。
感動した映画のレビューを書いています。

ブロともさん、相互リンクさん、募集中!
映画ブログでなくても歓迎です。

よろしければ
フォローお願いします ↓


気になる映画はこちらから探せます!       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


楽天で探す
楽天市場
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ようこそニャー♪
くろねこカウンター
観たい映画は見つかった?こちらから探せます!  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天で探す
楽天市場