「サンシャイン♪歌声が響く街」/SUNSHINE ON LEITH

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中! スコットランドの地方都市リースを舞台にした
「スコットランド版マンマ・ミーア」
歌ありダンスありのヒューマン&恋愛ドラマです。

全体的にはハートウォーミングな印象なんですが、
ところどころに、現実の厳しさも描かれています。

兵士になる以外に就職口のない若者たち。
退役して故郷に戻っても、ろくな仕事がない。

銀婚式を迎えた愛し合う夫婦に訪れる、予想外の危機。

愛し合っているのにすれ違う恋人たち。

リースは歴史ある美しい街でもありますが、
工場や集合住宅など、リアルな現代の姿もちゃんとカメラに入れています。
リースのパノラマが何度か映りましたが、
歴史地区も現代の町並みもともに収めていて、
ファンタジーとリアルの融合を見る思いがしました。

歌とダンスが素晴らしいです。
スコットランド人はイングランド人とはちがい、ケルトの民の末裔。
歌と、足さばきの見事なダンスは、やっぱりケルトの血なのかなあと感心しました。
音楽も、伝統のスコットランド民謡の流れを汲むものから
現代的なインターナショナルなものまでありましたが、
どれもシーンによくマッチして、
現代のケルト人の文化を表現していると思いました。

観ると、優しい暖かい気持ちになります。
エンドロールでは思わず一緒に足踏みしてしまいました。
サントラが欲しいくらい、覚えて歌いたいくらい、素敵な歌がいっぱいでした。

これがサントラです。
映画に出てくる歌が全て収録されています。



「マンマ・ミーア」と共通する部分も確かにあることはありましたが、
やっぱり、これはスコットランドならではの映画です。
ストーリーも、音楽も、映像も、まったく別ものです。
「マンマ・ミーア」はハッピーで美しいばかりの映画だった印象がありますが、
(もちろん、幸せな気分になれる素敵な映画です)
「サンシャイン♪歌声が響く街」は、色々なことを考えさせてもくれる内容なので、
私はこちらのほうが強く印象に残ると思います。

リースに住む人々のコミュニティーも、とても温かいものでした。
おつきあいが密で大変そうだな、とも思いましたが、やはり憧れます。

原題「SUNSHINE ON LEITH」は、
最後のほうに出てくる歌のタイトルでもあります。
切なく優しく、美しい、愛の歌です。

その他、冒頭に出てくる兵士たちの歌、
恋人たちの求愛の歌がすごくよかったです。
オペラ唱法とは違うんだけど、朗々と歌うソロ、そこから重唱やデュエットに変化していったり。

音楽が好きな人、スコットランド民謡が好きな人、
スコットランドや英国の自然や文化が好きな人、
イギリス風ユーモアが好きな人、
家族ドラマや恋愛ドラマが好きな人、
優しくなる方法を思い出せない人、素直に謝ったり好きと言ったりする勇気が欲しい人。
そんな人たちにぜひ観ていただきたい映画です!

唯一、残念だったのは、英語字幕に設定できないことです。
歌詞を知りたかったんだけど…




【原題】SUNSHINE ON LEITH(2013年 イギリス)
【監督】デクスター・フレッチャー
【脚本】スティーヴン・グリーンホーン
【音楽】ポール・イングリッシュビー
【出演】ピーター・ミュラン、ジェーン・ホロックス、ジョージ・マッケイ、アントニア・トーマス、
    フレイア・メイヴァー、ケヴィン・ガスリー、ジェイソン・フレミング






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
126位
アクセスランキングを見る>>
広告


プロフィール

chi-yu

Author:chi-yu
ご訪問ありがとうございます。
感動した映画のレビューを書いています。

ブロともさん、相互リンクさん、募集中!
映画ブログでなくても歓迎です。

よろしければ
フォローお願いします ↓


気になる映画はこちらから探せます!       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


楽天で探す
楽天市場
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ようこそニャー♪
くろねこカウンター
観たい映画は見つかった?こちらから探せます!  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天で探す
楽天市場