くそ真面目で愛すべき「イギリス人」たち 「ジョニー・イングリッシュ」(2003年・イギリス)

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!




監督 ピーター・ハウイット
出演 ローワン・アトキンソン 、 ナタリー・インブルーリア 、 ジョン・マルコビッチ 、 ケビン・マクナリー 、 ベン・ミラー 、
ティム・ピゴット=スミス

「Mr.Bean」でおなじみのローワン・アトキンソンが、
「007」などのイギリスのスパイものをパロったコメディーです。

「Mr.Bean」はほとんど台詞がありませんが(なんかしゃべってる音声は小さくされてますね)
「ジョニー・イングリッシュ」はいちおう台詞があります。
ちゃんとスパイアクションストーリーの映画になってます。

でも、やはり彼の演技のウリは顔芸とか体の動きなんですよね。


ダンディーなつもりのドジっ子スパイと、
彼の周りの人々の反応がとてもいいです。
個人的には彼の部下が好き。
ボスよりずっとまともで優秀な情報部員なのに、
ボスを決して馬鹿にせず、心配な時はいっしょうけんめいフォローしてる。
犬のように忠実で素朴!



Rowan_Atkinson,_2011
引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/Rowan_Atkinson

美女が登場して主人公と絡むのも007と同じですね。
この女優さんはホントにセクシー!清純・素朴でありながらエロティック。
おっぱいや足を露出しない、胸も腰もお尻も大きすぎないのに、顔だけで色っぽい。
任務に忠実なハードボイルドな女なんですよー 
最高です。


【ナタリー・インブルーリア】
この画像はイマイチだと思いますが、映画ではホントに綺麗でした!


借りたの8月だからいいかげん返却して次を…
と思ったけど、もう一回観たいシーンがあったからまた再生。
結局ぜんぶ観てしまいました。

この映画のよさはストーリーじゃないってことですね。
映像が魅力的なんです。
ローワン・アトキンソンの表情や体の動きもだけど、
彼を取り巻く善良なイギリスの人々の表情もとってもいい。
「イギリス人」を描いた映画だなあと思います。


女王陛下や大司教の話し方や口調はまさに美しい「クイーンズ・イングリッシュ」「キングズ・イングリッシュ」だった。
間違って王冠をかぶせられてしまったローワンの話し方もキングズ・イングリッシュになってた(笑)





彼のいろんな演技の見本市でもありました。
Mr.ビーンとはまたちょっと違う「おまぬけ」キャラ、
敏腕スパイ、イギリス的ダンディー、アホな独身男、そして「王様」。
幅広い演技力を持ってることがよくわかりました。

ダンディーを演ずればちゃんとかっこよく、王様を演じればちゃんと王様に見える。
おまぬけ上司役も、味のある愛すべき中年男性だった。
(さすがに老けましたが、かえっていい男になりました)
Mr. ビーンはちょっとキモいところがありましたが、
あれも演技だったんでしょうね。
そういえばローワンはかなりのインテリらしいですね。
オックスフォードじゃなかったかな…
ローワンとよく共演してる男性もその頃の学友だったと記憶。

イギリスの風景もよかったです。
墓場、車道、戴冠式の大聖堂、バッキンガム宮殿、テムズと大観覧車。
イギリスを訪れたことのある人、イギリス好きな人には、
なにげなく出てくる風景も味わい深いはず。
イギリスのちょっと曇った空の下、広場の大画面で戴冠式の様子を見守る人々も含め、
「あーイギリスっていいなあ…」
と懐かしくなりました。


6379540_a8ee0d903a.jpg
引用元:https://www.flickr.com
映画のナタリー・インブルーリアのイメージに近い画像はコレかな…


好きなシーン
ローワンの演技はずっと見どころ続き。
その他、女性も魅力的でした。
冒頭に出てくる女エージェント。
戴冠式でひざを曲げた優雅なお辞儀をするヒロインや、
ドタバタシーンを「まあ…」と上品に驚きつつなりゆきを見守る正装の中年女性たち。
男性で好きなのは、ローワンの部下と、
戴冠式でローワンにパンツ脱がされてしまう可哀相な大司教。
広場の群集もよかった。
「どうなってしまうんだ…」と思いながら、静かに大画面を注目してる表情。
アメリカ人が同じ状況になったら派手な反応をするだろうなというところで、
感情をおさえた反応をするところが「さすが紳士淑女の国…」と思いました。
騒がないけど、派手な表情もしないけど、すごく雄弁な表情を持ってます。

敵はフランス人。
イギリスとフランスの歴史を感じますね。
フランス人はイギリス人を「ちっちゃい島国の野蛮な奴ら」と見下し、
イギリス人はフランス人を「気取ったウェイター」と馬鹿にする。
海を挟んで隣同士だから交流も理解もしつつ、
「英国vsフランス」というライバル関係は健在なのかなと面白かったです。


気楽に観られると思ってレンタルしましたが、
意外とハマる映画でした。
これはかなり「お気に入り」「おすすめ」になります。
英語字幕(聴覚障害者用なので場面説明もあり)に設定できるので、
英語の勉強にもなります。


なんと、2011年に続編も公開されています!







まだ観ていないのですが、なかなか面白そう。
こちらのブログのレビューで知りました!

コメディ映画「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」笑える映画で元気が出る!あらすじ、感想。 - キシマの映画日和

TUTATA DISCASでレンタルもできますよ♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
176位
アクセスランキングを見る>>
広告


プロフィール

chi-yu

Author:chi-yu
ご訪問ありがとうございます。
感動した映画のレビューを書いています。

ブロともさん、相互リンクさん、募集中!
映画ブログでなくても歓迎です。

よろしければ
フォローお願いします ↓


気になる映画はこちらから探せます!       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


楽天で探す
楽天市場
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ようこそニャー♪
くろねこカウンター
観たい映画は見つかった?こちらから探せます!  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天で探す
楽天市場