バベル Babel : 2006年・アメリカ、メキシコ

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演 ブラッド・ピット  ケイト・ブランシェット アドリアナ・バラッザ  ガエル・ガルシア・ベルナル  
    役所広司  菊地凛子  二階堂智  エル・ファニング





【あらすじ】
モロッコ・サンディエゴ(アメリカ)・メキシコ・東京を舞台に、互いに知らぬ人々の運命がリンクしていきます。
夫婦でモロッコ旅行に訪れてトラブルに巻き込まれるアメリカ人夫婦を中心に物語が紡がれていきますが、
もともとの発端はもっと以前に、誰も意図しないところで起きていた…
モロッコ人の、アメリカ人の、メキシコ人の、日本人の、それぞれ抱える心の痛み。

【タイトルの「バベル」とは】
旧約聖書の「バベルの塔」のエピソードから来ています。
天に届けと高い塔を築こうとした人間の驕りを神が罰して、人々の言葉が互いに通じないようにしたという話。
この映画でも「言葉が通じない」「言葉が違う・文化が違う」ことが全体をつなぐモチーフになっています。

【日本での評価はいまいち?!】
2006年のアカデミー賞(作曲賞)、カンヌ国際映画祭( 監督賞)、 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)を受賞しています。
私はなかなかいい映画だと思ったのですが、レビューを眺めると、どうも評価が低め。
菊池凛子さんのヌードやエロティックな演技の前評判につられて観た人もたぶん多く、そのせいもあるかもしれません。
(男性は期待はずれ、女性は抵抗感)
菊池凛子演じる耳の不自由な女性の描き方も反響を呼んだそうです。

「何を伝えたいのかよくわからない」という感想もあるようです。
勧善懲悪ストーリーやハートウォーミングなドラマのように、観た後「スッキリ」ではないです。
時系列が前後して描かれること、舞台があちこちに切り替わることも「わかりにくさ」かも。

【私の評価は★★★★】
※以下、ネタばれあり

別サイトでも書きましたが、
モロッコの旅を思い出させてくれる映像がまず魅力。
ツアーではバスの車窓から眺めるのみだった風景や人々を近くで見せてくれるのは興味深いです。
言葉の通じないアメリカ人旅行者がいきなり転がり込んできたのに戸惑いながらも、
できるだけの世話をしようとしているモロッコ庶民の姿。
怪我の痛みを和らげようと、キセルを吸わせてくれるお婆さん、優しい。
一方で、国際問題になっているとはいえ、高圧的なモロッコ警察も印象的でした。

アドリアナ・バラッザ演じるメキシコ人の乳母や、メキシコの結婚式のシーンも魅力的でした。
不法就労者ながら、アメリカ人の子供を生まれた時から愛情深く育ててきた女性。
息子の結婚式に出席するためにサンディエゴから車でメキシコに行き、夜に戻ろうとしますが、
アメリカ再入国時にトラブルになり、16年間もアメリカで生活していたのに強制退去を命じられてしまいます。

アメリカ入国後、彼女と子供たちは砂漠をさまようはめになります。
アメリカの広大さというか、町以外は遭難しかねない大自然なんだなということを感じました。

日本はイスラムともアメリカともまったく異質な世界。
東京のシーンとエピソードは、映画の中では違和感を感じさせますが、
「遠く離れた異文化の人」を関連づけする効果をねらったのなら正解。
日本人の家族や親子関係の荒廃、若者の絶望を描いていて救いがないので、
日本人が観て気分が悪くなるのもしかたないかもしれません。
もうひとつ、日本人として面白くない役割をたまたま与えられていますし。
でも、日本人を批判する意図はないと思いました。



アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
126位
アクセスランキングを見る>>
広告


プロフィール

chi-yu

Author:chi-yu
ご訪問ありがとうございます。
感動した映画のレビューを書いています。

ブロともさん、相互リンクさん、募集中!
映画ブログでなくても歓迎です。

よろしければ
フォローお願いします ↓


気になる映画はこちらから探せます!       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


楽天で探す
楽天市場
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ようこそニャー♪
くろねこカウンター
観たい映画は見つかった?こちらから探せます!  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天で探す
楽天市場