ラフマニノフ ある愛の調べ Lilacs(2007年ロシア・ルクセンブルク合作)

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

監督 パーヴェル・ルンギン
出演 エフゲニー・ツィガノフ/ アレクセイ・ペトレンコ/ ヴィクトリア・トルストガノヴァ/ ヴィクトリア・イサコヴァ/ ミリアム・セホン /アレクセイ・コルトネフ
音楽 ダン・ジョンズ




ロシアのピアニスト・作曲家セルゲイ・ラフマニノフの生涯を描いた映画。
ラフマニノフについては名前を聞いたことがある程度でしたが、
「アマデウス」でモーツァルト音楽に目覚めたので、音楽家伝記ものということで期待。

うーん。
「チャイコフスキー」でも「グレン・グールド」でも感じたことですが、今回もやはり。
音楽家の人間ストーリーとしてはとても面白いんだけど、
肝心の音楽との出会いにはならなかった気がします。

音楽は音楽で聴きこまないとということでしょうね。
映画の中で音楽そのものの魅力を表現するのは難しい。
「アマデウス」がすごすぎる、モーツァルトがすごすぎる、ということなんですねえ…

ロシア革命前後に生きたアーティストの物語としては、なかなか興味深かったです。
冒頭の、ソ連大使の前で演奏を拒否して会場から追い払ったあたりはハイライトだった。
あとから、その理由のドラマが描かれるだろうと期待。

いちおう、革命に巻き込まれた人々の様子、ラフマニノフ自身のエピソードも後から出てくるんだけど…
やや物足りない印象は受けました。

恋愛エピソードでは、2人目の女性が印象的でした。
革命初期に活躍した女性運動家で後に共産党の幹部になるんだけど、
ラフマニノフに捨てられて恨みながらも亡命を助けてくれる…切ない。

従妹で幼馴染で後に妻になったナターシャは、堅実でいい女性でした。
2人のエピソードがストーリー進行のまとまりを良くしているかな。
ラストも家族愛でハッピーエンドだし。

ライラックが咲き、小川のある2人の故郷の風景は綺麗でした。
ロシアの田舎はなかなか素敵でした。

アメリカ亡命後、ピアノメーカー・スタンウェイのプロデュースで全米演奏ツアーに出かけます。
スタンウェイ担当者とのやりとりはちょっとイイ感じでした。
ラフマニノフより、担当者のほうが印象に残る面白いキャラクターだった。

しかし、予告編で期待させられたほどドラマチックでもなく、
わりと淡々とした映画だった気もする。
観て良かったし、途中で飽きることはなかったけど、
返却前に何度も繰り返して観たいというほどではなかったな…

TSUTAYA DISCASのレビューを見ても、中途半端だという意見が多いようでした。
ただ、映画中の音楽は全てラフマニノフの曲を使っているそうです。
先に音楽をよく知ってから観たらもっと良かったかもしれません。

予告編を見直したら、映像もわりといいし。
機会があればまた観てもいいかもしれません。


グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独(2009年・カナダ)GENIUS WITHIN:THE INNER LIFE OF GLENN G

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

ジャンル ドキュメンタリー/アーティスト伝記ドラマ/ヒューマンドラマ
監督 ミシェル・オゼ 、 ピーター・レイモント
撮影 ウォルター・コエルベット
出演 グレン・グールド、ジョン・ロバーツ、ウラディミール・アシュケナージ、コーネリア・フォス、ローン・トーク




映画予告編 (グールドの演奏を少し聴くことができます)




バッハの「ゴルドベルク変奏曲」を新しい解釈と表現で弾いたことにより音楽界の寵児となった天才ピアニスト、グレン・グールドの生涯のドキュメンタリー映画です。

グールドはカナダのトロント生まれ、幼い頃は田舎で育ったようです。
ニューヨークで華々しいデビューを飾るも、カナダを離れる気はなかったとのこと。
映画にもカナダ西部の紅葉や湖水など、美しい風景が多く登場します。

グールドはクラシック音楽家にしては、ルックスやキャラクターで売られた面が大きいです。
テクニックや芸術性も素晴らしいものですが、キャラが立ちすぎているのが幸にも不幸にも働いたのではないかと思います。
ハンサムで長身なこと、ガラスのように繊細なキャラクター。
コンサートやレコーディングには常に低い椅子を持ち歩く、怪我を恐れて握手はしない、真夏でも厚着に手袋などの奇行。
死後にドキュメンタリー映画を作れるほど写真や動画がたくさん残っているのは、レコード会社がフォトジェニックな写真や動画をたくさん撮影したことにもよります。
家庭での映像や、ピアニストとして以外の仕事の様子も残っているので、本人も自分を記録することに関心があったのかもしれませんが。

グレン・グールド1
http://www.crest-inter.co.jp/glenn_gould/



生前の彼と親しかった人々がインタビューに何度も登場して、グールドを語ります。
彼のユニークさの思い出とともに、ほとんどの人が「変人ぶりばかりが有名になったが、彼は普通の人間だった」と強調していました。
でも、彼を直接知りえない一般の人間から見た彼は、やはり愛すべき奇人変人だったとしか思えません。
平凡な人間は、芸術家やスターに非凡でいて欲しいと思うものです。
芸術の才能だけでなく、作品以外の面でも。

他の記事で紹介した、モーツァルトの「トルコ行進曲 聴き比べ」のYoutube動画。
私がグールドを知ったのは、その動画でした。
他のピアニストに比べて圧倒的にハンサムでかっこいい写真が多いので、「どんな人だったんだろう」と興味を持ったのが正直なところです。
グールドのファンに怒られそうですが、音楽そのものの良さは、私にはまだあまりよくわかっていません。
モーツァルトだからいい、という感じで、「グールドが特にいい」とまでは感じていないです。
「グールドのトルコ行進曲も好き」ではありますが。
彼の代表的な演奏、デビュー演目でもあり晩年のレコーディングともなった「ゴルトベルク変奏曲」をもっと聴きこまないと、グールドの演奏そのものについてはあまり言えません。
バッハをピアノソロで聴くこと自体があまりなかったので、比較も難しいです。

この映画も、ドキュメンタリーなことを知らず、現代の俳優がグールドを演じたストーリーだと思ってレンタルしました。
若い頃のグールドを撮影した映像はとても魅力的です。
しかし、若い頃から心配な兆候が見られた頭髪は、晩年はやはり残念なことになっていました。
長髪だからよけい目立ってしまうんでしょうね… 顔があまり老けないこともあるかも。

グールドの残した録音についてはWikipedia グレン・グールド参照。
これによると、モーツァルトは嫌いだったらしいですね。装飾音を全部カットして極端にテンポを変えて演奏したとか。
でもソナタ全曲を録音してるそうなので、聴いてみたいと思います。


ダウンロード版




「アマデウス」(1984年アメリカ)

TSUTAYAのネット宅配レンタル、無料お試しキャンペーン実施中!

【ジャンル】アーティスト・音楽・ヒューマンドラマ・サスペンス・恋愛・家族ドラマ
【監督】ミロス・フォアマン
【脚本・原作】ピーター・シェイファー
【音楽】ジョン・ストラウス
【出演】トム・ハルス、マーレイ・エイブラハム、エリザベス・ベリッジ、サイモン・カロウ、ジェフリー・ジョーンズ、クリスティン・エバーソール、ケニー・ベイカー、サイモン・キャロウ

1984年アカデミー賞とゴールデングローブ賞、その他の作品賞を総なめにした、永遠に残るであろう大作です。
映像の美しさ、モーツァルトの音楽の素晴らしさ、モーツァルトの人間像を見事に描いていること。
それだけでも、絶対に観る価値のある映画です。


アマデウス・モーツァルトを演じたトム・ハルスのチャーミングな魅力にノックダウンされました。
私の中での「モーツァルト」の顔は、もう彼以外になくなりました。


主演男優賞を取ったマーレイ・エイブラハムの迫真の演技、男から男に対する嫉妬と憧れと執着の表現も、
何度観ても飽きないです。
このシーンは特に強烈。
老いたサリエリが、昔モーツァルトの生楽譜を初めて見せられた時の衝撃を回想するシーン。
「彼は特別、自分はどうしても到達できない神の声を代弁する音楽」という絶望、嫉妬、
あまりに美しい音楽に恍惚呆然。



劇場公開版ではカットされたエピソードがあり、ディレクターズ・カット版には収録されています。
他にも良いシーンがあるので、DVDどちらを観るべき?と聞かれたら、ディレクターズ・カット版がオススメ。



モーツァルトの名曲の数々も、もちろん素晴らしいです。
特に「レクイエム」は、この映画の音楽を担当したサー・ネヴィル・マリナーの指揮によるものが私は一番好き。


【サウンドトラック】





DVD、劇場公開版は短く(それでも160分ほど)まとめられています。
最初に観る「アマデウス」としては、悪くはありません。
 
【劇場公開版DVD】



でも、さきほども書いたように、ディレクターズ・カット版にしかないシーンやエピソードは捨てがたい。
劇場公開版よりも20分も長い180分です。

監督ミロシュ・フォアマンと脚本のピーター・シェイファー、音楽担当のネヴィル・マリナーの鼎談解説が
特典音声として付いているのも面白いです。
映画全編を解説を聞きながら(日本語字幕あり)観るのは、また違った楽しみ方になります。
私がおすすめするのは、断然、ディレクターズ・カット版です!

【ディレクターズ・カット版(ブルーレイ)】











アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
128位
アクセスランキングを見る>>
広告


プロフィール

chi-yu

Author:chi-yu
ご訪問ありがとうございます。
感動した映画のレビューを書いています。

ブロともさん、相互リンクさん、募集中!
映画ブログでなくても歓迎です。

よろしければ
フォローお願いします ↓


気になる映画はこちらから探せます!       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


楽天で探す
楽天市場
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ようこそニャー♪
くろねこカウンター
観たい映画は見つかった?こちらから探せます!  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
楽天で探す
楽天市場